早川涼さん(15歳)のパンティが気持ちいい〜っ☆

木戸:「さぁ… お前のパンティでエッチするぞっ♪ 」
涼:「いやぁぁん… 恥ずかしいです… 
だって… 野球の練習した後だから、汗で濡れてるし… 汚れてるかもしれないし… 」

木戸:「それがいいんじゃないかっ♪ 
さぁ、早川… お前のパンティを、俺のチンポに巻きつけるんだ… 」
涼:「恥ずかしいけど… 監督の快楽のためだから、私、ヤりますっ!
パンティを、監督のボッキチンポに巻きつけちゃいますねっ♪
私のパンティで、いっぱい気持ちよくなってくださいねっ♪ 
パンティのクロッチ部分が亀頭に当たるように巻きつけてあげますね… 
監督のチンポで、私のオマンコの温もりを感じてください… 」

チンポに巻き巻きっ♪
木戸:「あひっ♪ あひぃぃ〜っ♪ 早川ぁぁぁ〜っ♪
汗で湿ったパンティがチンポにまとわりついて、最高だぁぁぁ〜っ♪ 」
涼:「ウフフッ… 監督のチンポ、一段と硬くなってきましたね… 
私のパンティで気持ちよくなっちゃったんですね… 
それじゃ、監督のキンタマも気持ちよくしてあげますね… 
キンタマにもパンティを巻き付けてあげる… 」

キンタマにも巻き巻きっ♪
木戸:「ああ… パンティのゴムでキンタマが締め付けられて… 
あぁぁ… 早川ぁぁ〜っ♪ お前のパンティは最高だぞぉぉぉ〜っ♪ 」
涼:「あぁぁん… こうやって私のパンティで包んだチンポをシゴいてると、
なんだか私のオマンコが犯されてるみたい… 」

木戸:「そう… そうだ… 俺も… 俺も、お前とセックスしてるような感覚だぞぉぉぉ〜っ♪ 」
涼:「きゃあぁっ! パンティが濡れてきてる… 
監督ぅっ! 私のパンティの中におしっこ漏らしちゃったんですかぁっ! 」

木戸:「ち… ちがう… これは、俺のチンポの我慢汁だ… 」
涼:「そうなんですか… 監督の先走り汁って、すごく量が多いんですね… びっくりしちゃった… 」
木戸:「あぁぁ… 早川… イクぞ… 出すぞ… 」
涼:「あぁぁんっ! 私のパンティの中に射精しちゃだめぇぇっ! 
そのかわり… 私の顔にザーメンをかけさせてあげます… 」

木戸:「あぁぁぁ… 早川… 
いいんだな… 顔にかけてもいいんだな… 」
涼:「はいっ! 私、監督のザーメンを顔に浴びてみたいんです!
かけて… 顔にいっぱいかけてくださいっ! 」

長沢美樹、じゃなくて早川涼ちゃんの顔にザーメンぶっかけたい人はココをクリック!